RECRUIT採用情報
トップ / ブログ / 夢の定点観測
BLOGブログ

夢の定点観測

こんにちは。大藪組です。

豆まきだ、バレンタインだと騒いでいるうちに、はや2月下旬。

わが社のファサードも春の花が彩りを加えてくれています。

毎朝体操のときに樹を見上げたり、空気を感じたり、

季節の移ろいを感じながら体のスイッチを入れる体操はいいルーティンです。

 

さて、現場YouTube班の投稿を以前行っていました。

”撮影の裏側”(2022.2.3投稿)

https://oh-yabu.co.jp/blog/684/

こちらの続編ですが、

現場で鉄骨建て方が行われた際、定点観測で建て方動画景を捉えることに成功しました!!!

定点観測(観察)とは、決まった位置で対象物の観測(観察)をおこなうこと。

建設会社の営業として、建物が立ち上がる景を追いかけることを永いこと夢見ていました。

そしてメディア広報企画課撮影班の努力と現場担当K氏の協力の中、無事に成功。

このときは初めての試みだったため、タイムラプス(シャッター間隔=何秒に一度撮影するか)の具合も

カメラの動きもわからないまま、撮影本番スタートしました。

ちなみにこちらは5秒に1シャッターで捉えています。

いかがでしょう、よく撮れています。満足満足。

広報EFさん、現場のKさんありがとうございます。

お施主様も喜んで頂けるといいですね。

 

撮影班の感想>

・定点場所取りが大変ですね。しっかり設営場所の検討をしないといけません。

・カメラの防水スペックは大事!

・タイマー稼働がうまくいってよかった。

・カメラの見た目がかわいい。

かわいいと評判。

見た目はこちら。カラフルでかわいい。

今後も住宅建て方や、内装の過程など、楽しい景を捉えてもらう予定です。

今回はたまたま天候にも恵まれ、1週間程度で撮影完了しましたが、

確かに鉄骨の建て方といえば、規模によってはもっと時間がかかります。

長期間にわたる定点カメラ設置となれば、雨・暴風・日射などハードな環境に耐えうる機材は必要ですね。

予算、予算、、(汗)、、、

 

 

定点観測といえばついでに。

今日のわが社のファサード。冒頭でも触れましたが、花咲けど緑無しです。

たしか秋口あたりにゴリゴリ剪定。

おかげで今は寒景ですが、その後の緑の動きをこのblogで定点観測(静止画)してみます。

春はもうすぐ。いい空だなあ。

 

〈定点観測〉2月24日 雨水から啓蟄。刈り上げたあとの葉っぱなし。

 

メディア広報企画課

 

 

CONTACT USお問い合わせ
ご相談、ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
0120-434-892