RECRUIT採用情報
トップ / 大藪組について / 社長あいさつ
社長あいさつ
MESSAGE
ごあいさつ
2021年6月より代表取締役に就任いたしました。

新型コロナウイルスの蔓延も1年を過ぎ、まもなくワクチンもいきわたる見込みですが、この間の騒動を顧みると、今後も変異ウィルスや別の病が流行することも想定しておかなければなりません。

また、毎年国内のどこかで大規模自然災害が頻発します。
これら自然災害に即応し、国民の安全・安心を支える社会資本の整備を担う我々地域建設業の役割はますます重要です。
その期待に応えるためには、経営基盤の安定化や、担い手の確保が不可欠であり、これらの課題解決に常に取り組み続ける必要があります。日本全体が少子高齢化、人口減少の大きな流れの中にあり、地場建設業のわが社でも人材確保と教育訓練に特に力を入れていかなければなりません。

技術の発展は目ざましいものがあります。
AI、VR、5G、自動運転、GPS、ドローンなど私が入社した20数年前には夢だったものが現実となっています。
これらの新しい技術も取り込み活用しながら能力を向上し、常にお客様や社会に評価され続ける企業や社員であり続けます。

当社は今期132周年を迎えます。
この長い歴史のなかでは幾多の困難や危機がありました。

先人たちの不断の努力で乗り越え時を刻んできたこの会社を140年、150年の次世代に引き継いでいくためにも、よき伝統は守り抜き、変えるべきは恐れずに変化し、私たちは常に向上努力し続けていきます。
代表取締役社長
経営理念
当社と私たちの社会観の基本としては、当社や私たちが社会に尽くすより、社会から受ける恩恵のほうがはるかに大きい。 本当にそれがわかり思想として身に付けば、謙虚な気持ちで社会に尽くせる。 企業や団体のような集団は、社会があってこそ存在の意味があるのだから、次のことを実行していく。
  • 社会が当社並びに我々に望むことを「誠心誠意」実行する。
  • ともに働く我々の生活の安定と幸福を目指す。
  • 私たちは全てに誠意をもって取り組みます。
ABOUT大藪組について
CONTACT USお問い合わせ
ご相談、ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
0120-434-892