HOME大藪組について大藪組の歩み
大藪組の歩み

リンク集

 
  大藪組の歩み 国内外の動き
1890年
(明治23年)
大藪清吉 土木建築請負業として大藪組創業
大藪家は代々農業を営む家系だったが、明治維新という大きな時代のうねりを目の当たりにし、27歳のとき清吉は、これからの天職を土木建設に求めた。
日本の近代国家建設は国土開発と共にあり、現在建設業として名を成している企業は、それが地方であれ、中央であれ、いずれも明治の初めごろに創業しており、大藪組もいわば時代要請の流れの中で誕生した企業といえる。
大藪清吉 組長
1890 第1回衆議院議員選挙実施
第1回帝国議会開会
1904 日露戦争
1914 第一次世界大戦
1923 関東大震災
1925年
(大正14年)
大藪子之吉 大藪組組長に就任
大藪子之吉 組長
大正末期、若干25歳で事業を受け継いだ子之吉は意欲的に仕事を行う。
矢部川堤防護岸・復旧工事などに力を尽くし、この頃、旧八女31ヶ町村内で土木業としては名の通った企業として評価されるようになる。

明治の後半から大正にかけ、全国各地に主要鉄道網が敷かれはじめ、国鉄(JR)の鉄道並びに附帯設備の強化が急務の中、昭和10年頃より国鉄(JR)とのかかわりが強くなり活動範囲も八女・久留米・博多はもとより、熊本・佐賀・大分へと拡大していく。
   
1931 満州事変
1932 5・15事件
1936 2・26事件
1937

日中戦争勃発

1939 第二次世界大戦
1941 太平洋戦争突入
1945年
(昭和20年)
組織を変更し、新生株式会社大藪組のスタート。
代表取締役に大藪又一就任。
大藪又一 社長
終戦を迎え、日本国は軍事体制から自由主義体制へ、
また、焦土と化した国土再建の時代に入り、建設業は以前にも増して脚光を浴びるようになる。
1945 終戦の詔勅
1947年
(昭和22年)
行動力が抜群であった大藪子之吉は門鉄工業株式会社(現:九鉄工業株式会社)代表取締役に就任。手腕をいかんなく発揮し、以降、国鉄(JR)の仕事が増えてゆく。  
1947 日本国憲法施行
戦後第1回国勢調査実施
( 総人口概数7,809万余人)
1950 朝鮮戦争勃発
1951 サンフランシスコ平和条約
日米安保条約
1952年
(昭和27年)
子之吉 門鉄工業株式会社 代表取締役を辞任し、
株式会社大藪組 代表取締役に就任。
1952 第15回オリンピックヘルシンキ大会に戦後初参加
1953年
(昭和28年)
九州北部・中部 大水害
国鉄矢部川橋梁復旧工事竣工祭 国鉄矢部川橋梁応急工事
径間拡張工事で培った技術力のもと、夜を日に継ぐ突貫工事で見事に復旧。
国有鉄道並びに社会の福祉への貢献を認められ、熊本鉄道管理局より感謝状を受ける。
この頃、土木主体の業務内容から、地道に開拓してきた建築分野でも受注を伸ばし始める。 大学で建築を学んだ子之吉の息子 章が昭和29年入社し、積極的に尽力したことの功績が大きい。
熊本鉄道管理局長からの感謝状
1953 NHKテレビ放送開始
九州北部と中部に大水害
関門鉄道トンネル水没
1954 防衛庁、自衛隊発足
1959 伊勢湾台風
1964 東京オリンピック
1966 日本の人口1億人突破
1970 大阪万博
1972 札幌オリンピック
沖縄返還
1973年
(昭和48年)
子之吉は昭和天皇より勲五等端宝章を授与される。
代表取締役社長に大藪章が就任。
大藪章 社長
1973 第1次オイルショック
1975 沖縄海洋博
1976 ロッキード事件
1977年
(昭和52年)
大藪章 急逝
代表取締役社長に小川純久就任

海外研修など、積極的な人材育成・自己資本の充実を図る。
小川純久 社長
   
1978 日中平和友好条約
1979年
(昭和54年)
子之吉 逝去
1979 東京サミット開催
1987 国鉄民営化、JR発足
1989 消費税3%導入
ベルリンの壁崩壊
1990年
(平成2年)
創業100年を迎える
経営理念として
10 1―原点にかえり、0 からの再出発 ≪さらなる飛躍をめざして≫
を掲げる。
全員参加型の経営、つまり全員で考えた経営計画の実行を行うことで、次なる大藪組を背負って立つ人材育成を志す。
   
1991 湾岸戦争
1992年
(平成4年)
本社 北長田より長浜に移転。
「O・Y 100」ビル完成

創業100周年記念事業として新社屋「O・Y100ビル」完成
  ・働く環境向上
・地域社会への貢献
・企業の発展、新事業の開発 を目指す。

応接室の書「濟美」
日経ニューオフィス賞
「ニューオフィス推進賞」受賞

「美徳を成すこと」
さらには
「子孫が父祖の偉大な業績の名を落とさず
それを受け継ぐ」
   
1993 細川連立内閣
1995年
(平成7年)
戸建住宅部門(オーヤブホーム)と増改築部門(オーヤブリフォーム)を立ち上げる。




1995 阪神・淡路大震災
地下鉄サリン事件
1997 消費税5%導入
香港 中国に返還
1998 長野オリンピック
2001 小泉内閣
米同時多発テロ
2002年
(平成14年)
宅地建物取引業として不動産事業部門(オーヤブ土地建物)を立ち上げる。
国際品質規格 ISO9001認証取得




2002 日韓サッカーワールドカップ
2003 イラク戦争
2005 愛知万博
2005年
(平成17年)
代表取締役 小川純久
黄綬褒章 受章
 
2006年
(平成18年)
代表取締役社長に石井正 就任
石井正 社長
2006 WBC優勝
2011年
(平成23年)
弊社施工の「下川歯科医院」が 第23回 福岡県 美しいまちづくり建築賞
一般建築の部 大賞受賞

 
2013年
(平成25年)
第29回民有林林道工事コンクール 農林水産大臣賞受賞

「道整備交付金(県代行)林道仁田坂〜国武線3-2工区開設工事
(福岡県筑後農林事務所発注)」
 
2014年
(平成26年)
九州地方整備局 国土交通行政功労表彰 優良施工業者(工事部門)

「星野川柳原地区掘削排水工事(筑後川河川事務所発注)」



九州地方整備局 2014年度 工事成績優秀企業 認定

工事成績優秀企業とは…
『請負工事成績評定の平均点が
80点以上となった企業の中で基準を満たす企業のこと
平成26年度は33社認定』
 
 

UP